吸血の問題

なぜ南京虫が増えているのか

近頃では、日本で南京虫による被害が急増しています。近年では南京虫が海外で大量発生したものが、旅行者の荷物に紛れ込んで日本に侵入しています。そのため、被害が急増しています。そもそも南京虫の体長は8mmほどで、とても小さいという特徴があります。なので、不特定多数の人が利用する本などを介して、人間の衣服や荷物に紛れ込む性質があります。南京虫は、夜になると人やペットから吸血します。吸血された部分は、激しいかゆみが生じて赤い斑点ができます。南京虫は吸血昆虫のため、感染症の媒介も懸念されています。しかし、現在のところそのような感染例はありません。人に被害をもたらすので、早期の南京虫駆除が大切です。

南京虫駆除の具体的に行われる方法とは

南京虫駆除を行うのに効果的なのは、加熱による駆除です。そもそも南京虫は、熱さに弱いという性質があります。ですから、意図的に加熱することで、効果的に南京虫駆除ができます。加熱による駆除方法は、スチームの熱で行います。キッチンの油汚れなどを落とすスチームの熱を、部屋のベッド、床、ソファーなどの隙間にあてていきます。こうすることで、隙間に隠れている南京虫でも効率よく駆除できます。スチームを当てた後は、まんべんなく掃除機をかけていきます。掃除機をかけることで、南京虫の死骸をきれいにできます。また、衣服についた南京虫駆除に効果的なのが、熱湯による洗濯です。南京虫が付いている可能性のある衣類を、79℃のお湯で5分程度洗うだけで駆除できます。

Design by Megapx . Template by s-hoshino.com